【共催セミナー】シャノンとkintoneではじめる「営業DX」の勝ちパターン

ー限られたリソースでも失敗しない運用とはー

”日本の経済損失は年間最大12兆円”
経済産業省の『DXレポート』で試算された、2025年にDXが実現しない場合の損失額です。
官民ともに注目される事になった昨今、DXの文字を見ない日はないほど各種メディア媒体で取り上げられており、同時に「DX推進」立ち上げる企業が増えてきました。

その一方で、「目先」のインフラを整えるだけの活動で停滞している企業も多く見られます。
・テレワークや顧客との面談用にオンライン会議システムを導入
・契約周りを含めたバックオフィスのオンラインシステムを導入

必要な一手ではあるものの、本来のDXは
「新たな付加価値を生み出せるよう従来のビジネスや組織を変革すること」攻守でいうところの「攻めのDX」への取り組みが後回しにされています。
忙しい営業を巻き込んだDXの推進はハードルが高いという企業が多い中で、コロナ明けを見越した取り組みを行い、成果をあげつつある「成功企業」にみられる「勝ちパターン」をご紹介します。


【Time Table】
<15:00〜15:05>
-イントロダクション-

<15:05〜15:30>
-第一部- 株式会社シャノン 関西支社長 浅野 哲
「企業別で解説 営業DXどこから始めると成功するのか」

<15:30〜15:55>
-第二部- サイボウズ株式会社 小島 雄一朗
「kintoneでできる!MAをフル活用するための情報共有」

<15:55〜16:10>
-第三部- Q&Aセッション 事前質問への回答

開催概要

日時
8月8日(月) 15:00〜16:10 (70分)  
参加方法
当日に視聴URLをお送りいたします。
参加費
無料
対象
営業、マーケティング、DX推進を担われる方

講演者情報

浅野 哲

株式会社シャノン
関西支社長・名古屋統括

■外資系IT企業、国内大手メーカー等を経て、2010年シャノン入社
■サービス企画、カスタマーサクセス部門の立ち上げ後、
■2016年4月より関西支社長に就任
■西日本エリアにおけるマーケティング、インサイドセールス、営業活動および
導入後のカスタマーサクセスを管掌

小島 雄一朗

サイボウズ株式会社
営業本部中部営業グループ

■国内大手SIerでのシステム開発、監査法人でのITコンサルティングなどに従事した後、2020年よりサイボウズにて現職
■東海4県・北陸3県を担当する中部営業グループにてkintoneやGaroon等の各サービスの直接相談および代理店(パートナー)対応などに従事
■kintone hive nagoyaのMCなども担当

お問合わせ
株式会社シャノン ウェビナー運営事務局

kansai@shanon.co.jp
大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー14F

【個人情報の取り扱いについて】

株式会社シャノンプライバシーポリシー

およびサイボウズ株式会社プライバシーポリシー

ご確認の上、ご同意いただきお申込みをお願いいたします。