シンプルにはじめて本格的なマーケができる、MAのデータ管理術とは

2022年もますますオンライン化・チャネルの多様化が進み、顧客の興味に合わせたシナリオ設計の必要性は増してゆきます。

しかし顧客に合わせた情報提供を行おうとするほど業務が複雑化してしまいがちです。
「施策ひとつひとつのつながりが見えてこない」「複雑なシナリオを描いても結局運用に乗らない」などお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回のウェビナーでは、MAで一元管理したデータを活用し、シンプルな施策を入り口に段階的に本格的なマーケティングへ到達する方法をお伝えします。

例えば名刺のデジタル化からスタートし、MAで興味フラグやスコアなどデータの強化を行ってからシナリオなど本格的な施策へつなげて行く一連の流れをご紹介します。
ぜひこの機会にご視聴ください。

開催概要

日時
1月 25日(火) 15:00〜16:00 (60分)  
参加方法
当日に視聴URLをお送りいたします。
参加費
無料
対象
企業のマーケティング部門、経営企画部門

講演者情報

藤井 里名

株式会社シャノン
マーケティング部

株式会社シャノン新卒入社後、マーケティング部へ配属。
インサイドセールスを経て現在はコンテンツ全般を担当している。

村尾 慶尚

株式会社シャノン
マーケティング部
部長

株式会社シャノンのマーケティング責任者。
「SHANON MARKETING PLATFORM」を自ら活用してマーケティング課題を解決している。

お問合わせ
株式会社シャノン ウェビナー運営事務局

marketing@shanon.co.jp
東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル 4F