【ウェビナーで解説】シャノンのアンケートからわかった、 顧客が望む情報収集チャネルの多様化とは

このウェビナーでは、シャノンが実施した以下2つのアンケート結果について解説します。

ウェビナーに対するイメージと参加状況に関するアンケート(2020年10月実施)
企業の情報収集とウェビナーの参加状況に関するアンケート(2021年9月実施)

2つのアンケートから、2021年は2020年と比較してウェビナーが日常的に利用されるチャネルとして定着した一方で、顧客が望む情報収集チャネルはアナログ、デジタルを問わず多様化が進んでいることがわかりました。

■アンケートサマリー
・2020年は3割だったウェビナーへの自発的な参加者が、2021年には5割以上に増加


・「コロナが落ち着いたら、ウェビナーよりもセミナーを希望する」という回答が3割


・2020年と比較して、2021年はアナログ、デジタルを問わず、顧客が望む情報収集チャネルが多様化



30分という短いお時間ですが、ぜひともご参加ください。

開催概要

日時
10月 26日(火) 15:00〜15:30 (30分)  
参加方法
当日に視聴URLをお送りいたします。
参加費
無料
対象
企業のマーケティング部門、経営企画部門

講演者情報

村尾 慶尚

株式会社シャノン
マーケティング部
部長

株式会社シャノンのマーケティング責任者。
「SHANON MARKETING PLATFORM」を自ら活用してマーケティング課題を解決している。

お問合わせ
株式会社シャノン ウェビナー運営事務局

marketing@shanon.co.jp
東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル 4F