逆算思考で選択する失敗しないMAの選び方

マーケティングオートメーションを導入する際、どのような観点で選べばいいのでしょうか?
・価格、実績、機能、サポート、拠点有無、知名度、財務与信、営業の対応、
セキュリティ、拡張性(連携)、海外利用有無…選定担当者の根気と時間の限界を考えると、すべてをチェックするのは困難を極めます。

残念ながら、マーケティングオートメーションの入れ直しを行う企業がおかす過ちは大きく2点です。
・情報過多で「あれも、これも必要」とインプットするものの、時間軸・現実軸とマッチできていない。
・導入が目的になり、「MAの運用」とは何をするか具体的には理解していない

特に「MAの運用」が具体的に何であるかを、導入1年後、2年後「どのようなデータ」を「どう活用しているか」想像し、そこから逆算して考えると「日々行うもの」「定期的に行うもの」「滅多に行わないもの」が落とし込めていき、自社にマッチしたMAの選択が必ずできます。
本ウェビナーでは、ケーススタディを基に最適なMAツールの選定方法をレクチャーしていきます。

開催概要

日時
10月01日(金) 14:00〜14:30 (30分)  
参加方法
YouTube Live(当日に視聴URLをお送りいたします)
尚、競合他社の参加は、ご遠慮ください。
参加費
無料
対象
営業、営業企画および当該業務を支援される部門の方

講演者情報

浅野 哲

株式会社シャノン
関西支社長・名古屋統括

■外資系IT企業、国内大手メーカー等を経て、2010年シャノン入社
■サービス企画、カスタマーサクセス部門の立ち上げ後、
■2016年4月より関西支社長に就任
■西日本エリアにおけるマーケティング、インサイドセールス、営業活動および
導入後のカスタマーサクセスを管掌

お問合わせ
株式会社シャノン ウェビナー運営事務局

kansai@shanon.co.jp
大阪府大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー14F