SFAの弱点を解説!マーケティングオートメーションと組み合わせた活用で実現する営業活動効率化

いま、既にSFAを導入されている企業の中で、MAも導入されるケースが増加しています。

何故ならば、SFAを導入したものの想定よりも「成果」が出せずに以下のような課題が表面化してくるからです。
・「単なる日報管理ツールになっている」
・「対応履歴はわかるようになったが、営業効率が上がっていない」
・「商談が増やせていない」
・「SFAの入力すらされない」
また、課題はあるものの様々な事情で「SFAを辞めるに辞められない」という企業様も多いのではないでしょうか。

さらに「コロナ禍で先行き不透明の為、ペンディング・失注」という失注レポートが増える一方で、
営業管理職の方々も「有効な指導ができずにいる」状況が続いていらっしゃると伺います。

本セミナーでは、SFAとMAの役割の違いを踏まえた上で、
SFAの弱点を解説させていただくとともに、弊害をMAでどのように補い営業効率化に貢献するかをポイントに絞ってご紹介します。

【こんな課題や疑問をお持ちの方におススメ】
・SFAが「日報管理」システムになり、営業効率化できていない。
・SFAをやめられないが、なんとか再度活用するきっかけを模索している。
・SFAとMAの違いがよくわからない。
・自社はMAとSFAどちらから入れたほうがいいのか、わからない。

開催概要

日時
4月15日(木) 15:00〜15:30 (30分)  
参加方法
YouTube Live(当日に視聴URLをお送りいたします)
尚、競合他社の参加は、ご遠慮ください。
参加費
無料
対象
営業、営業企画および当該業務を支援される部門の方

講演者情報

金子 基弘

株式会社シャノン
関西支社シニアアカウントエグゼクティブ

WEBサービス会社の事業責任者、マーケティング支援会社においてマーケティングと営業両方の支援を経験の後シャノンへ転職。
現在は西日本全域のB2B,B2C企業にマーケティングオートメーションの提案を行っている。

お問合わせ
株式会社シャノン ウェビナー運営事務局

kansai@shanon.co.jp
大阪府大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー14F