0120-955-008(お問い合わせ 平日10:00~訓8:00)
セミナーのお申し込み

【シャノン × プリンシプル 共催セミナー】 マーケティングデータを活用した施策および分析初歩セミナー

マーケティングオートメーションに代表されるデジタルマーケティングの強みは包括的なデータ管理にあります。
他方、データの有効活用ができてると断言できる企業は圧倒的に少ないのではないでしょうか。

「とりあえずデータを溜める」から「効果的な施策」を実施し、そして施策結果を分析を行い、次の施策へ。
「言うは易く行うは難し」の背景を紐解いていくと、施策面では
・コンテンツは質が命!や、コンテンツの量産が必須!という勘違い
・コンテンツ=WEBコンテンツという思い込み
・現時点のフェーズで行うべき施策が打たれていない
また、分析面では、
・そもそも施策や現状のデータを振り返らない
・何から分析していいかわからない
・広告流入しか見ていない、MAデータしか見ていない、など分析に偏りがある
など、基本的なところで躓いているケースが多くみられます。

今回のセミナーでは、分析事業で圧倒的な実績と定評のあるプリンシプル社とBtoBマーケテイングを牽引し続けているシャノン社が詳しく解説いたします。
日時 2019年2月25日(月)13:00〜15:30(12:45受付開始)  
会場
大阪府 大阪市中央区備後町3丁目6−2 中央会計セミナールーム 3F
参加費 無料
定員 20名 ※お申込者多数の場合、抽選となります。
対象 マーケティング部門、営業推進、営業企画、営業部門の方を対象とさせて頂きます。
主催 株式会社シャノン、株式会社プリンシプル
共催
内容 ■ 受付開始 2月25日(月)12:45
■ 開演   2月25日(月)13:00

【第1部 13:00-14:40】 株式会社シャノン
マーケティングオートメーション(MA)活用で商談が増える企業と残念な失敗をする企業
見込み客に対して購買意欲が高まったタイミングをつかみ、「嫌われない」営業活動を支援するMA。
うまく活用すれば、無駄を省き、提案すべき企業にリソースの最適化にもつながるこのツールを活かしきれている企業と、そうでない企業の明暗がわかれてきました。
過去の施策の延長線上にMAを導入するだけでなく、MA+αが自社にとって何であるのか、成功・失敗企業の事例を基に解説いたします。




【第2部 13:45-14:25】 株式会社プリンシプル
BIで広告、Googleアナリティクス、MAをつなげてみる事でわかる!貴社の課題点
「今、自社が何に取り組まなければいけないのか」これをすぐに、自信をもって答えられる担当者は少ないのではないでしょうか。多岐にわたるマーケティング施策において、自社のボトルネックがどこかがわからずに闇雲に施策を打っても成功は難しいでしょう。また、過去のボトルネック”印象”からずっと同じ領域を課題と認識してあらたなボトルネックに気づかないケースも散見されます。中長期視点の改善と、日々変わり続ける改善ポイントを、Tableau やGoogldeデータポータルといったBIダッシュボードツールを活用し広告、GA、MAデータを統合する事で見えてくる気づき、その事例を踏まえてお伝えいたします。



【第3部 14:30-】 相談会
備考 ■主催者および共催者様のビジネスにおける同業他社・競合会社および支援会社様の参加をお断りする事がございます。予めご了承下さい。
■当日、会場後方より参加者の顔が映らない形で撮影を行なわせていただきます。
尚、撮影した一部は、後日セミナー報告資料として使用することを予定しております。

浅野哲

株式会社シャノン
関西支社長
■外資系IT企業、国内大手メーカー等を経て、2010年シャノン入社
■サービス企画、既存顧客向け支援部門を設立
■2016年4月より関西拠点立ち上げ、関西支社長に就任
関西エリアにおけるマーケティング、インサイドセールス、営業活動および
導入後のカスタマーサクセスを管掌

中村研太

株式会社プリンシプル
常務取締役 COO
2008年京都大学理学部卒業。人材業界の企業にてWEBマーケターキャリアを積み、広告やSEOのインハウス化などへの取り組む。フリーコンサルタントとして独立後、2013年より株式会社プリンシプルに参画。実務経験に基づいたマーケティング戦略立案から実行プランの策定までを行う。

お問合わせ

株式会社シャノン 関西支社セミナー運営事務局
06-6809-6260
kansai@shanon.co.jp
大阪市北区角田町1番12号阪急ファイブアネックスビル10F