0120-955-008(お問い合わせ 平日10:00~訓8:00)
セミナーのお申し込み

7月26日開催 最新の展示会フォローの事例〜継続的に商談を生み出す為のプランニングと実行課題〜

デジタルマーケティングが盛り上がりを見せる一方で、慎重なスタンスの企業様もいらっしゃるかと思います。
特にリードの獲得の大半は展示会やプライベートショウ、既存顧客からの新規登録(営業名刺の更新)、パートナー様からの紹介の場合、「いかにして展示会で獲得した名刺」をフォローアップするのかがキーになってきますが、

・急いで名刺やアンケートをデジタル化し、我先にと御礼メールを配信する。
・その御礼メールには中身がなく、どういった顧客をどのように、優先してフォローするのか、その定義は決まっていない
・営業とのすりあわせができないまま毎年イベントシーズンを迎えている
・結果、展示会後、営業はAヨミしか追わない。残りのB,Cヨミは放置
このような企業様、多いのではないでしょうか。

ようやく昨今その価値を経営・営業と共有できかけていた折に「働き方改革」の名の下、フォローをやめてしまう企業様もでてきております。

そこで求められるのは単純なフォローアップ施策だけでなく、キチンと商談化を見据えた効率的且つ効果的なフォローアップ施策と再現性ある仕組みを作る事です。本セミナーではこの2つを中心に詳しく説明します。
日時 2018年7月26日(木)15:00〜16:00(14:45受付開始)  
会場
大阪市北区角田町1番12号阪急ファイブアネックスビル2F セミナールーム
参加費 無料
定員 10名 ※お申込者多数の場合、抽選となります。
対象 営業、営業企画、マーケティング部門を中心に当該部門を支援される皆様
主催 株式会社シャノン
内容 【第1部 15:00-16:00】 株式会社シャノン
『展示会出展後、継続的に商談を生み出す為のプランニングとその実行課題』
株式会社 シャノン
関西支社長 浅野 哲氏

※セミナー終了後任意で相談会にご参加頂けます


備考 当日、会場後方より参加者の顔が映らない形で撮影を行なわせていただきます。
尚、撮影した一部は、後日セミナー報告資料として使用することを予定しております。

お問合わせ

株式会社シャノン 関西支社セミナー運営事務局
kansai@shanon.co.jp
大阪市北区角田町1番12号阪急ファイブアネックスビル10F